名古屋の占いならあなたの「命運」を導く占星術 スカイ。新栄駅徒歩3分のアクセス

スカイ

ご予約・お問い合わせ

占星術家 長沼蓉生子 ブログ

エロスの星

2015年02月25日

先日つぼぼ先生が

【ホロスコープ勉強会】で

金星と火星のことを 名古屋チームでは

『えろ星』と呼びます!と
ユーモアたっぷりに仰っていました。

西洋にも東洋にも
いろいろな星があり
いろいろな呼び方をしていますが
西洋占星術と違う点は
紫微斗数で使う星たちは
実在する星ではなくて「虚星」だと言うことです

『封神演義』と言う神話を基に
名付けられたと言われていますが
深く追求して行きますと
「全く関連性はありません」と言われる
由縁も頷けるところがあります。
西洋占星術で
「えろ星」と言われる星があるとしたら
当然のごとく
紫微斗数にも「えろ星」はあります(笑)

ちょっと気取って「エロスの星」と
書かれている本もあります。


実は
私がレッスンする時に「エロ星」と
略して言っていたので
生徒さんの中で地味に覚えている方も
いるかと思います。

因みに私の中では

イメージはカタカナです……

その東洋の「エロ星」は「天姚」
と呼ばれています。

《てんよう》と読みます。
紫微斗数習いたての頃は
《てんもも》と勝手に呼んでました。
桃の可愛いピンクの色合いとかが
まさに
風流とか好色と言う意味合いにぴったりだと

思っていました‼️
そう 「いました」

 

過去形です。

藤田先生のレッスンを受けることが
出来なかった期間が3年ほどありましたが
その頃ひとりでこっそりと
学習を重ねていた時期がありました。
その中で見つけた星
これこそが
《スーパーエロス星》じゃないかと
私は勝手に思っています。
飛星派では
淘汰された星のひとつですから
命盤上には出て来ませんが
入る宮によっては
妖艶な輝きを増す星だと思っています。
その星の名前は「感池」「咸池」

《かんち》と読みます。

 

 

何故そう思うのかは
次回のブログに上げさせて頂きます。
紫微斗数の星たち

追求すればするほど
輝きを増しますよ。

image

 

次の記事を読む
3月【名古屋ホロスコープ勉強会】のお知らせ
前の記事を読む
お久しブログ

 ブログ一覧へ戻る

誰にも相談できずに悩みを抱えている
「あなた」
ひとりで悩まずご相談下さい。
ご予約・お問い合わせはこちらから

スカイは、占星術家 長沼蓉生子が名古屋を中心に命術の紫微斗数、宿曜、九星気学、西洋占星術、カバラ数秘術、ト術の紫微斗数ホラリー、九星気学(日盤・四盤掛け)、タロットカード、ルノルマンカード、相術 姓名判断(命名、改名、社名、店名、芸名)、風水、名刺相などあなたの悩みに応じて使い分け、幸せになる為にどうしたらよいかをサポートします。
名古屋駅徒歩6分の所にある店舗以外にも、一度対面した方には、オフィス鑑定、お客様のご自宅へお伺いする出張鑑定、電話鑑定のサービスも行っています。
占い師になりたい方、自分の為に占いを習いたい方は、個人レッスン、グループレッスンを行っています。